インプラントの費用

インプラントの費用はどのくらい掛かるのか?
インプラントの埋め込みをする手術には、健康保険の適用がないんです。従って全額自費になります。インプラント手術治療の費用の内訳は、精密検査、手術、インプラント、上部構造(人工の歯)を全て含んで考えなければなりません。具体的な金額は、インプラントの本数、上部構造(人工の歯)の種類(オールセラミックか、ハイブリッドセラミックか、メタルボンドかなど)、歯科医師と歯科技工士の腕や経験、一人の患者さんにかける治療時間、歯科医院の土地代や家賃、保証期間の有無期間、人件費などによって変わってきます。大体の相場で言いますと、インプラント1本で30万円程度です。この金額にはかなりバラつきがあり、20万円〜60万円までの幅があります。その違いは上記の理由によるものです。つまり、自由診療ですから、自信のある歯科医院は高い技術料を取りますし、材料の種類によっても金額は大きく変わります。また、インプラント1本といっても、インプラント本体と人工の白い歯を合わせて1本なのか。インプラント本体のみで1本なのか、によって違います。
インプラントには健康保険は適用されませんが、医療費控除は適用されます。医療費控除によって、インプラント治療の費用が控除されます。確定申告をすればお金が一部戻ってきます。 インプラントで40万円の費用が掛かった場合ですと、30万円が所得控除されます。従って概算ですが3万円から6万円は所得税が還付されます。控除額の上限は200万円までです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。