インプラントは永久に持つのか

インプラントってどのくらいもつんでしょうか?
インプラントは半永久的に持つ、ってよく言います。でも、インプラント治療がある程度普及してきてまだ40年しか経っていません。ですから、一番最初にインプラントを入れた人でもまだ40年です。インプラントの主な構造は、アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)です。この両方ともチタンまたはチタン合金でできています。チタンは非常に耐久性に優れた金属で、通常の使用では壊れません。歯の骨に埋め込まれたインプラント自体の耐久性は高く、長期間に渡って安定した状態を保っています。
チタンは、骨との親和性が極めて高く、骨の中に埋め込まれて時間が経過すると、インプラント体の回りに新しい骨の組織ができてきます。これによって、インプラント体と歯の骨が結合して一体のものとなります。また、チタンは表面に酸化チタンの膜を発生させますから、この膜によって内部の金属の腐食が防がれます。ただし、人工歯の部分である白い素材は、内側に金属の裏打ちのあるメタルボンドやセラミックでできていますので、非常に硬いものを食べた際に欠ける可能性はあります。また、歯周病によって、インプラント体(歯根部)の土台となっている歯骨が侵されてしまったり、溶けて無くなってしまうと、インプラント体を支えることができなくなってしまいます。ですから、何よりも定期的な歯科検診と日常の歯磨きなどのお手入れが重要です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。