インプラント手術の方法

インプラント手術について
インプラント治療の手術は、1回で終わる方法と2回に分けて行う方法があります。インプラントの定着率に関しては1回法と2回法での差異はないと言っていいでしょう。これは、インプラントの材質や手術方式が改良されて初期の固定が格段に良くなったためです。インプラント治療に、より慎重さや繊細さが要求される場合や、インプラントの埋め込みの際にGBR等の歯の骨の増生手術を一緒に行う場合は、2回に分けて行うのが一般的です。それ以外は、インプラント手術は1回で終わります。1回ならば、その日のうちに仮歯を入れることができます。ただし、規模の小さい歯科医院では、その歯科医院で対応しているインプラントの種類で術式が決まる場合もあります。小規模の場合やインプラントを専門に行っていない場合、対応できるインプラントの種類が少ないので、その種類によって決まることもあります。
2回法の場合は、1回目がインプラントを埋入する部分の歯肉を剥がして、歯骨にドリルで穴を空けてフィクスチャーを埋め込み、フィクスチャーのネジ穴の部分をカバースクリューでふたをして、剥がした歯肉を縫い合わせます。オッセオインテグレーション(インプラントが骨としっかりと固定された状態)した時点で2回目の手術を行います。2回目の手術は、歯肉を再度剥がしてカバースクリューを外し、ヒーリングアバットメントと交換してから歯肉を閉じます。2回目の手術は、1回目から1ヶ月程度空けて、歯肉の形が整った段階でヒーリングアバットメントをアバットメントと交換して最終の人工補綴物をかぶせます。
1回で行う場合は、インプラントを埋入する部分の歯肉を剥がして、歯骨にドリルで穴を空けてフィクスチャーを埋め込み、アバットメントかヒーリングアバットメントをフィクスチャーにくっ付けます。オッセオインテグレーション(インプラントが骨にしっかりと固定された状態)した時点でアバットメント、ヒーリングアバットメントを入れてた場合はアバットメントに交換してから最終補綴物を被せます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。