インプラントの長所と短所

インプラントの長所と短所
歯が抜けた場合の治療法としては、入れ歯、ブリッジ、差し歯、インプラントなどの方法がありますが、それぞれ長所と短所があります。入れ歯、ブリッジとインプラントの一番の違いは健康保険が適用されるかどうかです。健康保険の適用範囲で歯の治療をしようとすれば、入れ歯かブリッジ、差し歯以外にはありません。一方で、健康保険の適用外でも構わないと患者が言えば、歯科医は必ずインプラントを薦めます。その理由は、インプラントの方が利益も大きいですし、患者さんにとってもメリットがあるからです。入れ歯かブリッジですと、口もとの表情が変わったり、食感や味覚が変わり味気なく感じます。人間は食べる楽しみが無くなったらお仕舞といわれています。インプラントならば食べる楽しみが損なわれないのです。そして、加齢による歯肉の衰えや、金属の変形・劣化により、インプラント以外では作り直しが必要になります。 人工歯根を使うインプラントであれば、半永久的ですからそうした問題は起こりません。口もとの表情が変わらず、時間の経過とともにチタンと歯骨が結合して自分の歯と同じになります。
インプラントでも何でもそうですが、治療後の違和感というものは、どの治療方法でも最初は必ずありますが、歯の神経は鈍感ですので、すぐに違和感はなくなります。ここで、長所と短所を比べてみましょう。長所は、噛み合わせが持続し、総入れ歯よりも噛む能力を回復できます。
自然の歯に近い機能が期待できます。適切なケアをすれば半永久的です。万一抜け落ちてしまっても付けなおせます。取り外して手入れする必要がありません。また、インプラントが顎の骨に直接力を加えるので、顎の骨が痩せるのを防げます。 短所は、健康保険が利かないので費用がかかることです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。