インプラントの向き不向き

インプラントの向き不向き

インプラントがいくら耐久性や美しさ、顔のラインを美しくみせてくれるからといって、誰でもインプラント治療が向いているわけではありません。インプラント治療といっても、要は歯の手術ですから、例えば、心筋梗塞、脳梗塞を起こしてから間もない人などは、向きません。また、手術による出血もありますので、血液疾患のある人や、糖尿病のある人はインプラントはできません。病気を持っている人は手術に耐えられるかどうかを、主治医の先生に相談する必要があるでしょう。この場合、病気の治療をしている医師と、インプラント治療を受けようと思っている医師のどちらに相談するべきでしょうか?それは、インプラント治療を受けようと思っている医師ではなくて、病気の治療をしている医師にしてください。
一方、インプラント治療が向いている人は、入れ歯や差し歯が動いている人、よく外れる人です。また、入れ歯の着脱が面倒な人や、入れ歯や差し歯では硬いものが食べられない人、歯ぐきが痛んでものを良く噛めない人などです。こういった人は、入れ歯等が、適合していないのです。その点インプラントは歯や口、顔の形に合った手術を行いますので、インプラントの方が長い目でみれば、快適な生活を送ることが出来ます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。