インプラントの費用

インプラントの費用はどのくらい掛かるのか?
インプラントの埋め込みをする手術には、健康保険の適用がないんです。従って全額自費になります。インプラント手術治療の費用の内訳は、精密検査、手術、インプラント、上部構造(人工の歯)を全て含んで考えなければなりません。具体的な金額は、インプラントの本数、上部構造(人工の歯)の種類(オールセラミックか、ハイブリッドセラミックか、メタルボンドかなど)、歯科医師と歯科技工士の腕や経験、一人の患者さんにかける治療時間、歯科医院の土地代や家賃、保証期間の有無期間、人件費などによって変わってきます。大体の相場で言いますと、インプラント1本で30万円程度です。この金額にはかなりバラつきがあり、20万円〜60万円までの幅があります。その違いは上記の理由によるものです。つまり、自由診療ですから、自信のある歯科医院は高い技術料を取りますし、材料の種類によっても金額は大きく変わります。また、インプラント1本といっても、インプラント本体と人工の白い歯を合わせて1本なのか。インプラント本体のみで1本なのか、によって違います。
インプラントには健康保険は適用されませんが、医療費控除は適用されます。医療費控除によって、インプラント治療の費用が控除されます。確定申告をすればお金が一部戻ってきます。 インプラントで40万円の費用が掛かった場合ですと、30万円が所得控除されます。従って概算ですが3万円から6万円は所得税が還付されます。控除額の上限は200万円までです。

インプラントは永久に持つのか

インプラントってどのくらいもつんでしょうか?
インプラントは半永久的に持つ、ってよく言います。でも、インプラント治療がある程度普及してきてまだ40年しか経っていません。ですから、一番最初にインプラントを入れた人でもまだ40年です。インプラントの主な構造は、アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)です。この両方ともチタンまたはチタン合金でできています。チタンは非常に耐久性に優れた金属で、通常の使用では壊れません。歯の骨に埋め込まれたインプラント自体の耐久性は高く、長期間に渡って安定した状態を保っています。
チタンは、骨との親和性が極めて高く、骨の中に埋め込まれて時間が経過すると、インプラント体の回りに新しい骨の組織ができてきます。これによって、インプラント体と歯の骨が結合して一体のものとなります。また、チタンは表面に酸化チタンの膜を発生させますから、この膜によって内部の金属の腐食が防がれます。ただし、人工歯の部分である白い素材は、内側に金属の裏打ちのあるメタルボンドやセラミックでできていますので、非常に硬いものを食べた際に欠ける可能性はあります。また、歯周病によって、インプラント体(歯根部)の土台となっている歯骨が侵されてしまったり、溶けて無くなってしまうと、インプラント体を支えることができなくなってしまいます。ですから、何よりも定期的な歯科検診と日常の歯磨きなどのお手入れが重要です。

インプラント手術の方法

インプラント手術について
インプラント治療の手術は、1回で終わる方法と2回に分けて行う方法があります。インプラントの定着率に関しては1回法と2回法での差異はないと言っていいでしょう。これは、インプラントの材質や手術方式が改良されて初期の固定が格段に良くなったためです。インプラント治療に、より慎重さや繊細さが要求される場合や、インプラントの埋め込みの際にGBR等の歯の骨の増生手術を一緒に行う場合は、2回に分けて行うのが一般的です。それ以外は、インプラント手術は1回で終わります。1回ならば、その日のうちに仮歯を入れることができます。ただし、規模の小さい歯科医院では、その歯科医院で対応しているインプラントの種類で術式が決まる場合もあります。小規模の場合やインプラントを専門に行っていない場合、対応できるインプラントの種類が少ないので、その種類によって決まることもあります。
2回法の場合は、1回目がインプラントを埋入する部分の歯肉を剥がして、歯骨にドリルで穴を空けてフィクスチャーを埋め込み、フィクスチャーのネジ穴の部分をカバースクリューでふたをして、剥がした歯肉を縫い合わせます。オッセオインテグレーション(インプラントが骨としっかりと固定された状態)した時点で2回目の手術を行います。2回目の手術は、歯肉を再度剥がしてカバースクリューを外し、ヒーリングアバットメントと交換してから歯肉を閉じます。2回目の手術は、1回目から1ヶ月程度空けて、歯肉の形が整った段階でヒーリングアバットメントをアバットメントと交換して最終の人工補綴物をかぶせます。
1回で行う場合は、インプラントを埋入する部分の歯肉を剥がして、歯骨にドリルで穴を空けてフィクスチャーを埋め込み、アバットメントかヒーリングアバットメントをフィクスチャーにくっ付けます。オッセオインテグレーション(インプラントが骨にしっかりと固定された状態)した時点でアバットメント、ヒーリングアバットメントを入れてた場合はアバットメントに交換してから最終補綴物を被せます。

インプラントの歯科医師の探し方

インプラントの歯科医師の探し方

インプラント治療は先進医療ですので、インプラント治療が完結するまでに、何ヶ月もかかることがあります。インプラントで歯科医院に通う回数は、最短で3回程度の場合もありますが、これは症状によってもかわります。出来る限り、経験豊富な歯科医師を選ぶことが賢明です。
歯科医師のインプラントの仕事の状況を知りたいのなら、その医師の患者さんのインプラント治療前とインプラント治療後の写真を見せてもらうのが、一番確実な方法です。インプラントの仕事が美しい歯科医師は、必ず患者さんの歯や治療の写真をカメラで撮影しています。そして、その歯科医師の過去の症例を、きれいに掲示している場合もあります。インプラント治療の写真を見て、それが本物と見分けがつかないくらい美しければ合格です。インプラントの写真が歪んでいたりしていれば、?がつきますね。
そして、小さなクリニックなどでは非常勤の医師がインプラント治療を行う場合もありますので、注意が必要です。必ず、担当歯科医師、インプラント手術をする歯科医師の確認をしておきましょう。また、大規模な歯科医院の場合は、担当医が良く替わったり、研修医や若い歯科医師の訓練の対象になってしまうこともありますので、きをつけましょう。
高いお金を出してインプラント治療をするのですから。経験豊富な歯科医師かどうかを調べるもう一つの方法があります。インターネットで検索するのです。「インプラント ○山×男」とか、「インプラント治療 川○昭○」とか、「インプラント 専門 △野□子」で検索してみてください。インプラント治療で実績のある歯科医師ならきっと出てきます。

インプラントの長所と短所

インプラントの長所と短所
歯が抜けた場合の治療法としては、入れ歯、ブリッジ、差し歯、インプラントなどの方法がありますが、それぞれ長所と短所があります。入れ歯、ブリッジとインプラントの一番の違いは健康保険が適用されるかどうかです。健康保険の適用範囲で歯の治療をしようとすれば、入れ歯かブリッジ、差し歯以外にはありません。一方で、健康保険の適用外でも構わないと患者が言えば、歯科医は必ずインプラントを薦めます。その理由は、インプラントの方が利益も大きいですし、患者さんにとってもメリットがあるからです。入れ歯かブリッジですと、口もとの表情が変わったり、食感や味覚が変わり味気なく感じます。人間は食べる楽しみが無くなったらお仕舞といわれています。インプラントならば食べる楽しみが損なわれないのです。そして、加齢による歯肉の衰えや、金属の変形・劣化により、インプラント以外では作り直しが必要になります。 人工歯根を使うインプラントであれば、半永久的ですからそうした問題は起こりません。口もとの表情が変わらず、時間の経過とともにチタンと歯骨が結合して自分の歯と同じになります。
インプラントでも何でもそうですが、治療後の違和感というものは、どの治療方法でも最初は必ずありますが、歯の神経は鈍感ですので、すぐに違和感はなくなります。ここで、長所と短所を比べてみましょう。長所は、噛み合わせが持続し、総入れ歯よりも噛む能力を回復できます。
自然の歯に近い機能が期待できます。適切なケアをすれば半永久的です。万一抜け落ちてしまっても付けなおせます。取り外して手入れする必要がありません。また、インプラントが顎の骨に直接力を加えるので、顎の骨が痩せるのを防げます。 短所は、健康保険が利かないので費用がかかることです。

インプラントクリニックの探し方

インプラントクリニックの探し方

最近では、どこでもインプラントの看板が見られますね。しかし、インプラントの看板だけでは、その歯科医院のインプラントの実績や評判は分かりません。インプラント治療は、上顎なのか下顎なのか、前歯なのか奥歯なのかによって、難易度が異なります。経験や実績が豊富な歯科医院ならば、それぞれの部位についてのインプラント手術症例も多いはずですし、インプラントの手術写真も持っているはずです。ですから、自分と同じ症例の患者さんのインプラント手術写真を見せてもらいましょう。一般的には、前歯よりも奥歯、上よりも下のほうがインプラント治療の難易度が高いといわれていますが、これは個々人の症例によっても違ってきます。また、インプラントの埋め込み治療は、れっきとした手術ですから、感染予防のためにも、衛生的な手術室を持っている歯科医院を選択する必要があります。歯科医院で説明を聞く際にインプラント手術をする場所を尋ねてみてください。

インプラントの向き不向き

インプラントの向き不向き

インプラントがいくら耐久性や美しさ、顔のラインを美しくみせてくれるからといって、誰でもインプラント治療が向いているわけではありません。インプラント治療といっても、要は歯の手術ですから、例えば、心筋梗塞、脳梗塞を起こしてから間もない人などは、向きません。また、手術による出血もありますので、血液疾患のある人や、糖尿病のある人はインプラントはできません。病気を持っている人は手術に耐えられるかどうかを、主治医の先生に相談する必要があるでしょう。この場合、病気の治療をしている医師と、インプラント治療を受けようと思っている医師のどちらに相談するべきでしょうか?それは、インプラント治療を受けようと思っている医師ではなくて、病気の治療をしている医師にしてください。
一方、インプラント治療が向いている人は、入れ歯や差し歯が動いている人、よく外れる人です。また、入れ歯の着脱が面倒な人や、入れ歯や差し歯では硬いものが食べられない人、歯ぐきが痛んでものを良く噛めない人などです。こういった人は、入れ歯等が、適合していないのです。その点インプラントは歯や口、顔の形に合った手術を行いますので、インプラントの方が長い目でみれば、快適な生活を送ることが出来ます。

インプラントの脱落の原因

インプラントの脱落の原因
インプラントの脱落には、色んなデータがあるんですが、一般的に言うとインプラントを200本埋め込むと5本は定着せずに脱落(ロスト)しちゃうんです。インプラントのロストの原因として考えられるのは、第一に感染ですね。第二は上部構造、つまり、歯肉の上に出ている人工の歯ですね。この人工の歯に対する過重負担です。第三がやけどですね。インプラントを埋め込む時に、歯の骨にドリルで穴を空けますね。そうしないと埋め込めないですからね。その穴あけの際の発熱によるやけどでインプラントが定着しない場合があるんですよ。ですから、インプラントに接する面をドリリングする時は、低速でできるだけ発熱を抑えなくちゃいけません。ゆっくり穴を空けていくんですね。第四がインプラント周囲炎です。インプラントも本物の歯と同じように歯周病に感染することがあるんですよ。そうすると、インプラント本体は大丈夫なんですが、インプラントとくっついている本物の歯骨が歯周病で無くなっちゃっうんですね。インプラントを入れて何年かしてインプラントが脱落する一番の原因が歯周病なんですね。これを予防するには、定期検診と歯周病にならないようにケアをすることが一番です。チタンでできているインプラント自体は半永久的に持つんですが、それの地面である人間の骨は感染したり、年取って衰えてきますからね。よく、インプラントはどのくらい持つの?って聞かれますが、インプラントがある程度普及してから40年経ちますので、平均的なデータはあるんですが、個人の遺伝的性質やライフスタイル(生活習慣ですね)に大きく左右されるんですよ。

インプラントの咬合と補綴

インプラントの咬合と補綴
本物の歯とインプラントの一番の違いはなんでしょうか?本物の歯の場合は、歯の根と骨の間に歯根膜という膜があるため、咬合した際に30μm沈みます。この膜はクッションの役割を果たすのです。しかしインプラントの場合は、このクッションがなく、インプラント体が骨に直接固定されていますので、5μmしか沈みません。そのため、本物の歯と同じ程度の咬合を与えるとクッションのない分インプラントに過重の負担がかかります。そうなりますと、補綴物の破損やインプラントのロストなどの問題が起きます。そのためインプラントの咬合調整は膜がない事を考慮して、本物の歯より25μm程度低く調整します。
咬合の考え方としては、前歯は臼歯が完全に沈下した時点で初めて前歯部分が接触する咬合がいいとされています。臼歯部分の歯根膜による沈下量は、30μmですから上下歯で合計60μmとなりますが、前歯部分にも歯根膜がありますから補正されます。本物の歯の場合でもインプラントの場合でも、臼歯が軽く咬み合う際に前歯部分が30μm開いていないといけません。ですからインプラントの場合は、膜がない分前歯部分を調整する時は60μm開かせることが必要なのです。インプラントを臼歯部分で3本並べて埋め込む場合は、一本を2〜3ミリ横にずらして埋め込みますと、圧力が分散されます。このインプラントの埋め込み方をオフセット配列と呼びます。

インプラントとは

インプラントに関するさまざまな情報をお届けします。
インプラントとは何でしょうか?
インプラントっていうのは、歯が抜けて無くなった部分を治療して元通りに修復してくれる最新の歯科技術のことなんです。最近になってインプラントって良く聞きません?バスや電車の中吊り広告とかにもインプラントの記事がよく載っているんですよ。気がつきませんか?インプラントっていうのは、テレビや新聞なんかのマスメディアでも画期的な新技術ということで結構紹介されてるんですよ。でも、インプラントって何のことか分からないという人も多いんです。そこでインプラントについてよく分かる解説をしましょう。人間にとっては、食べるという行為は生存のための絶対条件ですからね。そのためには歯が欠かせませんよね。歯がなけりゃ噛めませんからね。インプラントで歯の肉と一体になった歯で食べることができるようになったんです。インプラントなら食感なんかも本物同様なんですよね。で、インプラントっていうのは、噛み砕いて言うと(歯のことだから噛み砕いてね)、抜けた歯の後に、チタンという珍しい金属で出来たネジを歯の骨に埋め込んで、そのネジの上部の歯肉の上に出た部分にセラミックなどでできた人造の歯をかぶせる技術なんですよ。歯の骨に埋め込んである部分をインプラント体日本語なら、歯根部 と言ってますが、歯肉の上に出た部分をアバットメント日本語なら支台部とでも言いいますか、こんな専門用語は覚える必要なんてないよね。白い歯の素材としては、内側の見えない部分には金属を使ったメタルボンドと、セラミックだけでできているオールセラミックスなどがあるんですよ。前歯なんかは、オールセラミックスで金属を使わない方が見栄えもいいし、より天然歯に近くなるんで人気がありますね。だけど、値段はオールセラミックスの方が高いですからね。
そもそもインプラントという技術は、1952年に現在のインプラント治療方法の主流である、インプラント体(歯根部) とアバットメント(支台部)に使用されているチタンが、時間の経過とともに骨と一緒になっちゃうことが発見されてからなんですよ。以上、インプラントについての良く分かる解説でした。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。